株式会社ベンリーコーポレーション

  • ベンリー本部
  • サイトマップ
  • プライバシーポリシー
  • お問い合わせ
文字サイズ
小
中
大
ベンリー
さいたま日進店
〒331-0825 埼玉県さいたま市北区櫛引町2-165
  • 0120-137-077
  • 048-662-6710
  • トップページ
  • サービス紹介
  • シーン・目的 場所から探す
  • 店舗案内
  • 店舗日記
  • 採用情報

パッキンの交換

パッキンの交換
ご依頼のきっかけ参考例
  • ・蛇口を締めても水が止まらない
  • ・蛇口の変な所から水が漏れだしてくる
  • ・以前からポタポタと水漏れがしていたが、最近その量が多くなった気がする
  • ・シャワーヘッドのつなぎ目からジワっと水が漏れてきた
  • ワンポイント

    ・一般的に、蛇口の先端から水が漏れている場合は、内部のコマパッキンの交換か、シングルレバータイプの場合は内部のカートリッジの交換が必要です。
    ・一般的に、首振り式のパイプになっている水栓のパイプの付け根からの水漏れの場合、つなぎ目にあるパッキンを交換する必要があります。
    ・一般的に、蛇口の付け根あたりからの水漏れの場合、取り付け部分のシールテープからの水漏れが原因ですので、いったん蛇口を取り外してシールテープを巻きなおします。
    ・一般的に、ハンドル(レバー)下から水が漏れる場合は、内部のパッキン交換が必要です。
    ・パッキンを取り出した際、ゴムが劣化していれば黒い汚れが手に付きますので交換するタイミングになります。

作業の流れ

お客様からご要望をお伺いし、作業内容の確認をさせて頂きます。
止水栓を止めさせて頂き、養生を行います。
水漏れ箇所に基づき、水栓を分解します。
パッキンを交換します。なお交換部品が取り寄せの部品の場合、改めてお伺いします。
水栓を組み立て、止水栓を戻します。
終わり次第、お客様にご確認をいただき、ご領収の流れとなります。

よくある質問

水漏れの箇所によって何か変わるの?
パッキンは運動する部分の密封に用いられるため、蛇口の中に何箇所も使われています。そのため水漏れ箇所と対応するパッキンの交換が必要になります。

Copyright(c)Benry Co.,Ltd. All rights reserved.